政治概要

2017/6/8
(マルキョク州 キャピタル)
(国立博物館にあるアバイ)

 パラオの政治制度は、アメリカの政治制度をモデルとしており、大統領制と三権分立を特徴としています。また、人口約2万人の小規模な国ながら、国内に16の州があります。

 大統領は、国家元首であり、国民の直接選挙によって選出されます。大統領の任期は4年間です。現在の大統領は、2013年1月に就任(2017年1月に再任)したトミー・E・レメンゲサウ大統領です。政府には、大統領府・副大統領府の下に8つの官庁(国務省、司法省、財務省、公共基盤・産業・商業省、天然資源・環境・観光省、教育省、社会・文化省、保健省)があります。

 議会は、上院と下院の二院制をとっており、議席数は上院が13議席、下院が16議席で任期はいずれも4年間となっています。上院は大選挙区制をとっており、下院は各州から議員が選出されることとなっています。16の州は、それぞれ簡素ながらも憲法を有しており、各州には州議会があります。

 また、パラオ社会には伝統的な酋長制度があり、酋長は文化的な事柄や土地利用などに一定の影響力を持っています。酋長の中でも、レクライの称号を持つ北部大酋長とアイバドールの称号を持つ南部大酋長は、特に権威があります。