日本入国前のWEB事前検疫手続「ファストトラック」について

2022/3/10
【ポイント】
・我が国への入国・帰国前に、入国者健康居所確認アプリ(MySOS)上で検疫手続の一部を事前に済ませておくことが可能。
・成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に到着する入国者は、この「ファストトラック」が利用可能。
 
【本文】
海外から日本へ入国する方々に対して空港検疫で実施している手続の一部を、入国者健康居所確認アプリ(MySOS)上で、日本入国前に済ませることができる「ファストトラック」を実施しております。
「ファストトラック」で実施できる手続は以下のとおりです。
【入国前に実施が可能な検疫手続】
・質問票の記入
・契約書の記入
・ワクチン接種証明書の有効性の確認
・出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の有効性の確認
 
これらの手続を日本入国前に済ませることで、日本入国時の検疫手続が簡素になり、スムーズな入国が可能となります。
成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に到着する入国者の方々は、「ファストトラック」をご利用いただけます。詳細はファストトラックのホームページ(www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack)でご確認ください。