新型コロナウイルス対策のためのPCR検査及びワクチン接種証明に関するパラオ保健省通知の発出(6月23日付)

2021/6/25
【ポイント】
●6月23日、パラオ保健省は、新型コロナウイルス対策のためのPCR検査及びワクチン接種証明に関する通知を発出。
●パラオ出国者のPCR検査は通常出発3日前に実施。受検には旅券、航空券予約確認書及び病院番号が必要。
●パラオ出国者でグアムが最終目的地の場合、ワクチン接種カードの他に補助的ワクチン接種証明書が必要。
●パラオ入国者はパラオ保健省の検疫指示により指定された日にPCR検査を受検する。
 
 
【本文】
1 23日、パラオ保健省は、パラオ出国のための新型コロナウイルスPCR検査及びその他の必要書類に関し、以下の内容の通知(下記【参考】URL参照)を行いました。今後、パラオを出国される方は、出発の5営業日前までにご利用の航空会社またはパラオ保健省ホットライン(+680)488-0555に連絡して、必ずPCR検査受検日の確認をしてください。
 
 ・パラオ出国者向けの検査日時は、通常出発3日前の午前8:30~11:00に実施されます。費用は30.50ドルで、受検時に持参する必要なものは航空券予約確認書、旅券及び病院番号です。
  ※病院番号は居住者のみ。短期渡航者は必要なし。 

 ・グアムが最終目的地の渡航者はワクチン接種カードの他に補助的ワクチン接種証明書が必要です。申請はPublic Health(+680)488-6445に電話で申し込み、コロール小学校前のCommunity Health Centerにて、月~金の8:00~15:00に受け取ることができます。
 
2 上記の保健省通知では、パラオ入国者のPCR検査についても以下の内容が発表されました。
 
 ・行動制限中またはその他の検疫措置中の入国者はPCR検査を受検しなければなりません。費用は25ドルです(検査結果を紙媒体で必要な場合は30.50ドル)。受検日時は、行動制限中、到着時または到着前の検疫指示により指定されます。指定日に受検しない場合は1日最高500ドルの罰金が科され、その他の法的措置を受ける可能性があります。
 
3 当館に在留届を提出されている方で、日本へ本帰国または一時帰国される方、一時帰国からパラオに戻られた方は必ず当館までご連絡ください。
 
【参考】新型コロナウイルス対策のためのPCR検査及びワクチン接種証明に関するパラオ保健省通知(6月23日付)