パラオ便り(官民合同経済ミッションの派遣)

パラオ便り(官民合同経済ミッションの派遣)
 
12月4日-5日、パラオで初となる、官民合同経済ミッションが派遣され、4日には、日パラオ両政府共催の日・パラオ貿易・投資・観光セミナーが開催されました。日本からは、鈴木外務大臣政務官をパラオ官民合同経済ミッションの団長とする、18社27名がミッションに参加しました。本ミッションの派遣は、今年5月に福島県いわき市で開催された第8回太平洋・島サミットにて、安倍総理が島嶼国における貿易・投資・観光分野の取り組みを強化するとの認識を各国首脳と共有したことに基づき、実現しました。
 
                                     
                                                   レメンゲサウ大統領と鈴木外務大臣政務官                                                                   セミナー参加者集合写真

4日には、参加日本企業のレメンゲサウ大統領他閣僚への表敬に続き、レメンゲサウ大統領と鈴木外務大臣政務官による二国間会談が行われ、午後からは日・パラオ貿易・投資・観光セミナーが開催されました。セミナーでは、日・パラオ双方の貿易、投資、観光の分野で活躍する企業が交互にプレゼンを行い、会場は100名近くの人で満席となり、関係者の関心の高さが伺えました。
 
                                      
                                                      鈴木外務大臣政務官による挨拶                                                                                            セミナーの様子

夜には、日本大使館主催のレセプションが開催され、午後のセミナーでの日本側のプレゼンを聞いたパラオ側の企業関係者が、関心を持った日本企業の担当者に早速声をかけている場面が見られました。
 
                                       
                                              レセプションで挨拶をするレメンゲサウ大統領                                                                      乾杯の音頭を取る山田大使

また、翌5日には、ビジネスマッチングが行われ、パラオ側の企業担当者が日本企業のブースをまわり、積極的に意見交換をする様子が見られました。
 
5日に開催されたビジネスマッチングの様子

 
2019年は、日・パラオ外交関係樹立25周年の年です。今回の経済ミッションの派遣を契機に、貿易・投資・観光分野での二国間の協力が強化され、発展することを願っています。

関連リンク:鈴木外務大臣政務官のパラオ訪問(結果)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/pw/page3_002639.html