西日本豪雨の被災者支援のためのパラオにおける募金活動の実施

西日本豪雨の被災者支援のためのパラオにおける募金活動の実施

   西日本を中心とした記録的な豪雨で大きな被害が出たことを受け、パラオ大統領府及びパラオ赤十字社は、7月13日、この災害で被災した人々を支援するため義援金の受付を行うことを発表し、友人である隣国日本への募金の協力を国民に呼びかけました。また、これに先立つ7月9日、レメンゲサウ大統領は安倍総理に対し、お見舞いの書簡を送付しました。
 
   荻野臨時代理大使は、13日の募金開始時に会場を訪れ、来場していたオイロー副大統領兼司法大臣、アサヌマ・パラオ赤十字社委員長、パラオ青少年赤十字のメンバー及び募金をするために会場を訪れた市民に対し、募金活動への謝意を伝えました。当日は雨の中、パラオ青少年赤十字のメンバーが通りに出て、手作りの募金活動を呼びかける案内板を掲げ、道行く人々に募金を呼びかけていました。
 
   パラオ・ウェーブ・ラジオによると、13日に実施された募金活動を通じて34,630.44米ドルが集まり、行政機関からの寄付約5,000米ドルを合わせ、総額約4万ドルの義援金が集まりました。アサヌマ委員長によると、集まった義援金はパラオ赤十字社を通じ、日本赤十字社に送られる予定とのことです。
 
   隣国パラオの人たちの心の温かさに感謝いたします。Kom Kmal Mesulang (どうもありがとうございます)!
 
                                                                     
 募金を呼びかけるパラオ青少年赤十字のメンバー

                                                                      
募金に訪れた市民
 
                                                                       
オイロー副大統領兼司法大臣(後列左端)、荻野臨時代理大使(後列中央)、アサヌマ・パラオ赤十字社委員長(後列右から2人目)及びパラオ青少年赤十字のメンバー